アクア・プラン株式会社eco宣言プロジェクト いつも環境をここちよく。

節水によるCSR活動

水に対する企業によるCSRの取り組み

企業のCSR(企業が利益追求だけでなく、あらゆる
利害関係者(顧客、従業員、地域社会など)との関係を
重視し果たす社会的責任)にはさまざまな活動がありますが、
環境保全のために節水に取り組んでいる企業は少なくありません。

今見直される飲み水の大切さ

日本でも、最近になり水を購入することが当たり前になってきましたが、
今でも水道から安心して飲み水を飲むことができます。
しかし、世界に目を向けると水道から飲み水を飲める国は、
日本を入れても本当に一握りの国しかありません。
地理的な条件から水資源問題を抱えるシンガポールでは、
今後隣国からの水供給率が低下した場合に備え、
下水をろ過し水道水に変える技術を開発し、
すでに蛇口から出る水道水にも含まれています。
一人ひとりが、節水や環境汚染へ関心をもち日々心がけることが
大切ですが、企業が率先して節水によるCSR活動を行うことで、
貴重な飲み水を守っていくことにつながります。

求められる節水への具体的な対応

今後、飲み水確保のため水戦争が激化すると予想されますが、
アクアプランのアクアクルー節水システムは取り付けるだけで簡単に
10−50%の節水が可能となり、効果的なCSR活動となります。
日々の生活において毎回何かを制限したり、気にかけて行動することは
難しい場面もあります。しかし、このアクアクルー節水システムは、
先に水栓に取り付けることにより、使用する際特殊形状の穴により、
水勢は変わらず水量を10−50%の節水することができるのです。
企業すべての水道からもし50%の節水をすることができたら
さらに多くの人々が安心して飲み水を飲み続けることができるはずです。

お問い合わせはこちら